コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家 センケ

大辞林 第三版の解説

せんけ【千家】

〔「せんげ」とも〕
姓氏の一。

せんけ【千家】

茶道の流派の一。千家流。また、その宗家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の千家の言及

【大西浄清】より

…後に子息定林と共に江戸に下り,1656年(明暦2)には幕府の御用釜師となった。
[大西家]
 江戸初期から京都三条釜座において釜作を続け,千家十職の一つとして現代まで続いている茶の湯釜の家元。初世浄林(1590‐1663)は山城国(京都府)広瀬村の出身で,仁兵衛と称した。…

【千利休】より

…その他,切腹の理由に秀吉が利休の娘に横恋慕したとも,また利休が道具の不正な売買をしたともいうが,確認はできない。利休の息子には先妻との間に生まれた道安(千道安),後妻宗恩の連れ子少庵があり,少庵(千少庵)とその子宗旦(千宗旦)の家系に,利休死後数年を経て千家の再興が許され,今日の千家の茶道の源流となった。 利休の茶の湯は町衆の間に発達したわび茶の伝統をうけつぎ,茶会と点前(てまえ)形式の完成,独創的な茶室と道具の創造,茶道の精神性の深化という面で,現代の茶道の型を定立した。…

※「千家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

千家の関連キーワード中川 浄益(10代目)素敵なラブリーボーイありがとうあなた武者小路千家流武者小路千家武者小路実篤ひと夏の経験パパは恋人口語自由詩そして神戸自分は見た江戸千家流千家之正千家尊福千家尊澄窪田空穂出雲大社千家元麿出雲国造赤い衝撃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千家の関連情報