コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家元麿 せんげ もとまろ

百科事典マイペディアの解説

千家元麿【せんげもとまろ】

詩人。東京生れ。出雲大社大宮司千家尊福(たかとみ)の子。短歌を窪田空穂に,俳句を佐藤紅緑に学ぶ。1913年ごろから武者小路実篤らと交わり,白樺派の詩人として注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千家元麿 せんげ-もとまろ

1888-1948 大正-昭和時代の詩人。
明治21年6月8日生まれ。千家尊福(たかとみ)の子。母は画家小川豊。白樺(しらかば)派の作家とまじわる。大正7年第1詩集「自分は見た」を刊行。平易な口語による人道主義的な作品を発表した。昭和23年3月14日死去。61歳。東京出身。小説・戯曲集に「青い枝」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんげもとまろ【千家元麿】

1888‐1948(明治21‐昭和23)
詩人。東京都生れ。父尊福(たかとみ)は〈年の始めのためしとて〉で始まる唱歌《一月一日》の作者で,男爵。17歳ごろから《万朝報》《電報新聞》などの文芸欄に詩,短歌,俳句を投稿した。1912年に佐藤惣之助らと同人雑誌テラコッタ》を創刊し,武者小路実篤をはじめとする《白樺》系の人たちと交わるようになり,小説,戯曲をも書いたが,16年ごろから詩作に専念するようになった。第1詩集《自分は見た》(1918)に庶民的な生活感情をうたいあげた平明な口語自由詩を収めたが,そこに見られる人道主義の詩精神は以後の詩にも貫かれており,戦後の不如意にもひるまなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんけもとまろ【千家元麿】

1888~1948) 詩人。東京生まれ。千家尊福の子。白樺派の代表的詩人。自然や庶民生活を人道的感情をもって素朴に歌った。詩集「自分は見た」、小説戯曲集「青い枝」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千家元麿
せんげもとまろ

[生]1888.6.8. 東京
[没]1948.3.14. 東京
詩人。男爵千家尊福 (たかとみ) の庶子として生れ,青春時代放浪の日を過した。武者小路実篤を知り,その人道主義に傾倒し,『白樺』に同人として参加。詩集『自分は見た』 (1918) ,『虹』 (19) ,『夏草』 (26) ,『蒼海詩集』 (36) などにより,『白樺』派の代表詩人と目された。庶民の日常生活をヒューマニズムに満ちた素朴な愛とともにうたい,情熱を秘めた平明さのなかに特色がある。晩年は長男の戦死に続いて妻を失い,失意と貧窮のうちに世を去った。ほかに長編叙事詩『昔の家』 (29) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千家元麿
せんげもとまろ
(1888―1948)

詩人。東京の生まれ。父尊福(たかとみ)は出雲(いずも)大社の宮司、のち東京府知事。母は父の妾(めかけ)で両国の料亭の娘小川豊。中学時代学校を転々、暮郎(ぼろう)、銀箭峰(ぎんせんぽう)などの号を用いて詩や短歌や俳句を投稿。福士幸次郎、佐藤惣之助(そうのすけ)らと同人誌『テラコツタ』を出し、武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)の『世間知らず』を称賛、『白樺(しらかば)』同人と交流した。1913年(大正2)父の反対を押し切り赤沢千代子と結婚。『白樺』の衛星誌『エゴ』を推進。18年、第一詩集『自分は見た』(岸田劉生(りゅうせい)の装丁)を刊行。無垢(むく)の心と庶民性と楽天性とが一致、貧困のなかでも人間と自然への賛美を失わず、「楽園の詩人」として徹底した生涯を送った。『虹(にじ)』(1919)、『昔の家』(1929)、『霰(あられ)』(1931)、『蒼海(そうかい)詩集』(1936)などの詩集がある。[紅野敏郎]
『『千家元麿全集』全二巻(1964、65・弥生書房) ▽耕治人著『詩人千家元麿』(1957・弥生書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千家元麿の関連情報