コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千/阡/仟 セン

デジタル大辞泉の解説

せん【千/×阡/×仟】

100の10倍。10の3乗。また、数の多いことにもいう。
[補説]証書などに金額を記すときに「阡」「仟」を用いる。

せん【千】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]
学習漢字]1年
〈セン〉
数の名。百の十倍。「千人千両箱/数千・一騎当千海千山千(うみせんやません)
数の多いこと。「千言千秋千客万来千差万別千里眼
〈ち〉「千草千鳥八千代
[名のり]かず・ゆき
[難読]千歳(ちとせ)千万(ちよろず)

ち【千】

100の10倍。せん。また、他の語に付いて複合語をつくり、数の多いことを表す。「歳(とせ)」「万(よろず)」
「百(もも)に―に人は言ふとも月草の」〈・三〇五九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せん【千】

姓氏の一。千利休を祖とする茶道家元の名が知られる。

ち【千】

せん。また、他の語と複合して数の多いことを表す。「―歳ちとせ」「―尋ちひろ」など。 「百ももに-に人は言ふとも月草のうつろふ心我持ためやも/万葉集 3059

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千/阡/仟の関連キーワードつくば市総合運動公園の基本計画つくば市総合運動公園計画新千歳空港と千歳空港民主党員とサポーター国内空路の利用客盲千人目明き千人武者小路千家流4Kテレビ放送日本酒の消費量三千大千世界一千一夜物語八千代〈町〉千手陀羅尼千手の誓いミレニアル4Kテレビ耕雲千首裏千家流小千世界表千家流