千日回峰(読み)センニチカイホウ

デジタル大辞泉の解説

せんにち‐かいほう〔‐クワイホウ〕【千日回峰】

天台宗比叡山で修される不動明王と一体となるための修行。7年間で1000日、比叡山の各峰を回峰巡拝する。1日の行程約30キロ。700日を終えると9日間の堂入りがあり、断食・断水・不眠・不臥で修される。7年目の前半100日は「京都大廻り」で市内の寺社を巡拝、後半100日は回峰行満行となる。荒行中の荒行とされる。千日回峰行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千日回峰の関連情報