千段巻(き)(読み)センダンマキ

デジタル大辞泉の解説

せんだん‐まき【千段巻(き)】

槍や薙刀(なぎなた)の茎(なかご)が入る部分を籐(とう)や麻苧(あさお)ですきまなく巻き、漆で塗り固めたもの。
の籐の巻き方の一。重籐(しげどう)の弓の両端の一部を籐で斜め十文字に巻き締めたもの。せんだまき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんだんまき【千段巻】

やりや刀の柄などを籐や麻苧あさおですき間なく巻き漆で塗りこめたもの。
重籐しげどうの弓の籐づるの巻き方で、斜め十文字に巻きしめるもの。また、その部分。せんだまき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android