千段巻(き)(読み)センダンマキ

デジタル大辞泉の解説

せんだん‐まき【千段巻(き)】

槍や薙刀(なぎなた)の茎(なかご)が入る部分を籐(とう)や麻苧(あさお)ですきまなく巻き、漆で塗り固めたもの。
の籐の巻き方の一。重籐(しげどう)の弓の両端の一部を籐で斜め十文字に巻き締めたもの。せんだまき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんだんまき【千段巻】

やりや刀の柄などを籐や麻苧あさおですき間なく巻き漆で塗りこめたもの。
重籐しげどうの弓の籐づるの巻き方で、斜め十文字に巻きしめるもの。また、その部分。せんだまき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんだん‐まき【千段巻】

〘名〙
① 槍(やり)や薙刀(なぎなた)の柄の中茎(なかご)をつけた部分を麻苧(あさお)で一面に巻きたてたもの。
※随筆・瓦礫雑考(1817)二「又按ずるに、今の刀剣の室(さや)などに、せんだん巻(マキ)といふは、もと鞘巻(さやまき)といへり」
② 弓の籐の巻き方の一つ。重籐(しげどう)の弓の鏑籐(かぶらとう)と日輪巻または月輪巻との間を籐で十文字に食い違えて巻くこと。また、その部分。せんだまき。
※今川大双紙(15C前)弓法之次第之事「ずいひゃう軍陣の弓をば、下地を黒ぬりにして、千だん巻をして、其上にしげ籐を使ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android