コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千粒重

2件 の用語解説(千粒重の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

千粒重

 無作為に選んだ1000粒の穀粒の重量を測定する方法で,穀物の品質評価に使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんりゅうじゅう【千粒重 thousand‐kernel weight】

穀類や豆類の種実1000粒の重量。種実の登熟の良否を判定するのに用いる。イネの場合玄米で19~23g,コムギの場合玄麦で30~40gの範囲であることが多い。千粒重は作物の諸形質の中では,比較的環境条件による変動が少ないもので,品種固有の特徴を強く表すといわれるが,登熟時の条件によっても変動する。例えば,登熟の適温より高温の場合には,登熟の速度は早まるが,登熟の終了する時期も早まり,結果的には小粒になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千粒重の関連キーワード麹花萌やしエスクリンオオムギ粉コーングリットソバ粉綿実穀類 (grain, cereal)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone