コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千粒重

栄養・生化学辞典の解説

千粒重

 無作為に選んだ1000粒の穀粒重量を測定する方法で,穀物の品質評価に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんりゅうじゅう【千粒重 thousand‐kernel weight】

穀類や豆類の種実1000粒の重量。種実の登熟の良否を判定するのに用いる。イネの場合玄米で19~23g,コムギの場合玄麦で30~40gの範囲であることが多い。千粒重は作物の諸形質の中では,比較的環境条件による変動が少ないもので,品種固有の特徴を強く表すといわれるが,登熟時の条件によっても変動する。例えば,登熟の適温より高温の場合には,登熟の速度は早まるが,登熟の終了する時期も早まり,結果的には小粒になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

千粒重の関連キーワード片倉 権次郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android