コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉胤英 ちば たねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉胤英 ちば-たねふさ

1819-1883 江戸後期-明治時代の和算家。
文政2年生まれ。千葉胤秀の次男。父にまなび,長谷川弘(ひろむ)に師事した。弘化(こうか)元年陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)の数学師範役兼検田係となる。明治16年3月19日死去。65歳。通称は善右衛門。号は環水。著作に「羽州角館神壁算法(うしゅうかくのだてしんぺきさんぽう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉胤英の関連キーワード明治時代千葉常一及川英春和算家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android