コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉胤秀 ちば たねひで

2件 の用語解説(千葉胤秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉胤秀 ちば-たねひで

1775-1849 江戸時代後期の和算家。
安永4年生まれ。千葉胤英(たねふさ)の父。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)家老の梶山次俊にまなび,江戸にでて長谷川寛(ひろし)の門にはいる。のち一関藩算学師範。嘉永(かえい)2年2月4日死去。75歳。陸奥磐井(いわい)郡(岩手県)出身。通称は雄七。号は流峰。編著に「算法新書」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉胤秀

没年:嘉永2.2.4(1849.2.26)
生年:安永4(1775)
江戸後期の和算家。通称雄七,流峯と号す。陸奥国磐井郡(岩手県)流郷の人。一関藩士梶山次俊に学び,のち長谷川寛に学ぶ。文政11(1828)年12月に選ばれて一関藩士となる。『算法新書』5巻は師長谷川寛の著とも,本人の著ともいわれるが,天保1(1830)年のもの。他にも多くの著述がある。『算法新書』は非常に教育的に書かれている。一例をあげると,(a+b)3の展開について縦,横,高さとも(a+b)の長さの立方体の体積を求める場合を考え,まずa3の部分が1個,残りにa2bとab2が左右上下併せて3個ずつ。残りがb3であるとする。a2bとab2をabでくくって,a3+3ab(a+b)+b3と説明している。

(道脇義正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千葉胤秀の言及

【和算】より

…長谷川と内田はそれぞれ多数の数学者を養成し,しかもその塾から多くの数学書を刊行している。長谷川の塾を長谷川数学道場といい,千葉胤秀,山本賀前,秋田義一らの数学者が輩出した。出版した数学書も,《算法新書》(1830),《大全塵劫記(たいぜんじんこうき)》(1832),《算法地方大成》(1837)など,いずれもベストセラーになっている。…

※「千葉胤秀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千葉胤秀の関連キーワード椿恒吉畑中西山織田東民日下誠内田秀富大石貞和柴野美啓樋渡雄七逸見満清山田正重