コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉葛野 ちば かどの

美術人名辞典の解説

千葉葛野

国学者、信濃飯田藩士。通称大蔵屋正右衛門、字は希言、又は三暉、号は蔦の舎、白梼園。服部育雄、植松茂岳本居春庭に国学を学び名大いに揚る。仲年江戸に出て人に教える。著書に「千葉拾林数」十巻、「建久百首解」他あり。安政2年(1855)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉葛野 ちば-かどの

1800-1855 江戸時代後期の歌人,国学者。
寛政12年生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯田の人。本居春庭(もとおり-はるにわ),田中大秀(おおひで),植松茂岳(しげおか)らにまなぶ。江戸で塾をひらき,門人吉岡信之らがいる。安政2年3月7日死去。56歳。字(あざな)は希言,三暉(煇)。通称は鷲蔵。号は蔦の舎,白橿園など。著作に「旧事記詞の玉衣」「古語拾遺注」「源氏空蝉巻」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉葛野の関連キーワード小野素水市岡和雄国学者

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android