千辛万苦(読み)せんしんばんく

四字熟語を知る辞典「千辛万苦」の解説

千辛万苦

いろいろと苦しむこと。さまざまの難儀や苦労にあうこと。非常に骨を折って苦労すること。また、その苦労。

[活用] ―する。

[使用例] 日々奔走して而して事を治め、千辛万苦して而して功を立つる者は上の上なる者にあらざる也[国木田独歩*巡査|1902]

[使用例] 金六は責任を感じて船中から海に身を投げたが、死んだとて仲間の者の嘗めた千辛万苦は百分の一も減ることではなかった[井伏鱒二*漂民宇三郎|1954~55]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「千辛万苦」の解説

せんしん‐ばんく【千辛万苦】

[名](スル)つらいことや苦しいことをいろいろ経験すること。また、その苦しみ。「千辛万苦して成功を得る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「千辛万苦」の解説

せんしん‐ばんく【千辛万苦】

〘名〙 いろいろと苦しむこと。さまざまの難儀や苦労にあうこと。非常に骨を折って苦労すること。また、その苦労。
※翁問答(1650)上「父は孕子(ようし)の保全(ほぜん)、産育のあんおんなるべき事をねがひうれひて、千辛万苦(センシンバンク)をこころにわすれず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android