コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千阪高雅 ちさか・たかまさ

1件 の用語解説(千阪高雅の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

千阪高雅

没年:大正1.12.3(1912)
生年:天保12.閏1.19(1841.3.11)
明治期の官僚。米沢藩(山形県)家老千阪高明の子。幼名は浅之助,雅号は梁川。幕末に興譲館で学んだのち,藩主上杉斉憲の洛中警備に従った。帰藩後興譲館の学頭となり,さらに慶応2(1866)年国家老に就任。軍制改革に尽力し薩長方についたが,のちに武力による倒幕に反発し藩論を佐幕に統一した。維新後米沢藩軍務総督として降伏し謹慎。のち明治3(1870)年同藩大参事に就任した。4年上杉茂憲に随行して養蚕製糸調査のためフランス,イタリアに留学。帰国後内務省に出仕し石川県令,岡山県令などを歴任。伊藤博文に陸羽人中の人材と評された。29年勅選貴族院議員。<参考文献>大岡力『地方官人物評』

(長井純市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千阪高雅の関連キーワード板谷峠米沢色部長門売間信男斎藤篤信佐藤秀周神保忠貞千坂高雅戸狩権之助松本魯堂

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone