コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁川 やながわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁川
やながわ

福島県北東部,伊達市北部の旧町域。阿武隈川と支流広瀬川などが合流する地点にある。北と東は宮城県に接する。1889年町制。1955年粟野村,五十沢村,富野村,山舟生村,白根村,堰本村の 6村と合体。2006年伊達町,保原町,霊山町,月舘町と合体して伊達市となった。江戸時代以前に出城が築かれた。明治中期までは阿武隈川水運の河港として栄え,海産物の陸揚げが行なわれた。早くから養蚕が盛んで,養蚕用の寒暖計である蚕当計 (さんとうけい) の発明者中村善右衛門,蚕の温暖飼育法の創案者田口留兵衛などを輩出した。現在はニット製品の製造が多い。米作,モモやリンゴなどの果樹栽培,野菜の栽培が盛ん。山間部一帯はあんぽ柿の主産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やながわ【梁川】

福島県北東部、伊達市の地名。福島盆地の北東部で、阿武隈川が北東流する。

やながわ【梁川】

姓氏の一。

りょうせん【梁川】

綱島つなしま梁川

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁川
やながわ

福島県中通り北端、伊達(だて)郡にあった旧町名(梁川町(まち))。現在は伊達市梁川町地区で、市の北東部を占める。旧梁川町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)粟野(あわの)、堰本(せきもと)、白根(しらね)、山舟生(やまふにゅう)、富野(とみの)、五十沢(いさざわ)の6村と合併。2006年(平成18)伊達、保原(ほばら)、霊山(りょうぜん)、月舘(つきだて)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。阿武隈(あぶくま)急行、国道349号が通じる。阿武隈高地西縁に広がり、阿武隈川とその支流広瀬川の流域である。鎌倉時代初期に伊達氏の祖中村朝宗(ともむね)が梁川城を構えたと伝え、伊達郡を支配した。江戸時代は幕府領、福島藩領などと一定しなかった。中心の梁川は阿武隈川舟運の渡津(としん)であった。古くから養蚕が行われ、とくに蚕種製造が盛んであり、1772年(安永1)には幕府から蚕種本場(ほんば)の指定を得たという。舟生などは和紙の生産で知られた。現在はニット産業が中心で、農業は果樹栽培、干し柿(がき)(あんぽ柿)、ブロイラー飼育などが行われる。[渡辺四郎]
『『梁川町史』全12巻(1984~2000・梁川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

梁川の関連キーワード綱島梁川(つなじまりょうせん)綱島梁川(つなしまりょうせん)福島県伊達市梁川町桜岳福島県伊達市梁川町中町高梁川上流県立自然公園マクタアメニティ森春濤・森春涛山舟生和紙伊達[市]阿部回春堂梁川[町]渋谷 黎子頼三樹三郎新井 石禅藤井竹外お玉ヶ池綱島梁川蒔田翠錦山田淳子山本北山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梁川の関連情報