コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁川 やながわ

5件 の用語解説(梁川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梁川
やながわ

福島県北東部,伊達市北部の旧町域。阿武隈川と支流広瀬川などが合流する地点にある。北と東は宮城県に接する。1889年町制。1955年粟野村,五十沢村,富野村,山舟生村,白根村,堰本村の 6村と合体。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やながわ【梁川】

福島県北東部、伊達市の地名。福島盆地の北東部で、阿武隈川が北東流する。

やながわ【梁川】

姓氏の一。

りょうせん【梁川】

綱島つなしま梁川

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梁川
やながわ

福島県中通り北端、伊達(だて)郡にあった旧町名(梁川町(まち))。現在は伊達市梁川町地区で、市の北東部を占める。旧梁川町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)粟野(あわの)、堰本(せきもと)、白根(しらね)、山舟生(やまふにゅう)、富野(とみの)、五十沢(いさざわ)の6村と合併。2006年(平成18)伊達、保原(ほばら)、霊山(りょうぜん)、月舘(つきだて)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。阿武隈(あぶくま)急行、国道349号が通じる。阿武隈高地西縁に広がり、阿武隈川とその支流広瀬川の流域である。鎌倉時代初期に伊達氏の祖中村朝宗(ともむね)が梁川城を構えたと伝え、伊達郡を支配した。江戸時代は幕府領、福島藩領などと一定しなかった。中心の梁川は阿武隈川舟運の渡津(としん)であった。古くから養蚕が行われ、とくに蚕種製造が盛んであり、1772年(安永1)には幕府から蚕種本場(ほんば)の指定を得たという。舟生などは和紙の生産で知られた。現在はニット産業が中心で、農業は果樹栽培、干し柿(がき)(あんぽ柿)、ブロイラー飼育などが行われる。[渡辺四郎]
『『梁川町史』全12巻(1984~2000・梁川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梁川の関連情報