コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半拉城址 はんらじょうしBàn lā chéng zhǐ

1件 の用語解説(半拉城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんらじょうし【半拉城址 Bàn lā chéng zhǐ】

中国,吉林省琿春(こんしゆん)県の旧県城の西約6kmにある渤海時代の土城。渤海の東京(とうけい)竜原府の所在地をめぐって諸説あったが,1924年以後,数回にわたって,琿春県に残る土城に対して地表調査と一部の発掘が行われた結果,東京竜原府がここに比定されて以来,有力視されるようになった。城壁は土築で,内城と外城から構成される。外城壁は,東西約700m,南北約740mの平面長方形をなす。内城もまた平面長方形であるが,外城の中央よりもやや北方に位置し,東西約214m,南北約315mを測る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone