コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半拉城址 はんらじょうし Bàn lā chéng zhǐ

1件 の用語解説(半拉城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんらじょうし【半拉城址 Bàn lā chéng zhǐ】

中国,吉林省琿春(こんしゆん)県の旧県城の西約6kmにある渤海時代の土城。渤海の東京(とうけい)竜原府の所在地をめぐって諸説あったが,1924年以後,数回にわたって,琿春県に残る土城に対して地表調査と一部の発掘が行われた結果,東京竜原府がここに比定されて以来,有力視されるようになった。城壁は土築で,内城と外城から構成される。外城壁は,東西約700m,南北約740mの平面長方形をなす。内城もまた平面長方形であるが,外城の中央よりもやや北方に位置し,東西約214m,南北約315mを測る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

半拉城址の関連キーワード順光尹東柱吉林省新京吉林長春農林省延辺ユンボ煕洽

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone