コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塼仏 せんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塼仏
せんぶつ

仏像などを粘土で型を抜き焼成したもの。その形が 塼に似ているので 塼仏と呼んでいる。本来 塼は中国で用いられ,前漢の高祖7 (前 200) 年頃の河南省洛陽出土の彩画風俗図 塼 (ボストン美術館) ,2~3世紀頃の四川省出土の狩猟と収穫図 塼などのように建築用材 (煉瓦) であり,戦国時代頃からつくられた。六朝代にいたって仏像多宝塔などを配した在銘の 塼仏が多数造られた。朝鮮では高句麗,新羅の寺院址から中国の影響を受けた 塼仏が出土する。日本では白鳳時代から用いられ,遺品も発見されている。奈良の山田寺,橘寺壺坂寺の如来像 塼仏,三重夏見廃寺の小型 塼仏などは有名である。また,1974年奈良川原寺裏山から多量に発見された。そのほか奈良岡寺の天人文 塼,南法華寺鳳凰文 塼なども著名で,地方の寺院址からも出土する例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんぶつ【塼仏】

粘土を雌型の原型に押しあててうつしとり,乾燥させて窯で焼いた浮彫状の仏像。中国では周代にが建築に用いられ,漢代には特に発達した。塼の表面に仏像をあらわした塼仏の遺品は北魏からみられ,斉,周(北周),隋,唐の遺品は多い。製作年代の明らかなものに東魏の興和5年(543)銘観音塼仏,唐の貞観元年(627)銘三尊仏塼仏などがある。日本には7世紀後半ごろに伝わり,660年代前半創建の奈良県川原寺の裏山遺跡から,塑像断片などとともに1辺約20cmの方形三尊仏塼仏を中心とする大量の塼仏が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の塼仏の言及

【塼】より

…特殊な塼として水波文塼とよばれる緑釉をかけた塼が,奈良県川原寺,東大寺,平城京などで発見されている。これは蓮池の波をかたどったものらしく,画像塼の一種ともいうべき仏像を型押しした塼仏,あるいは天人や鳳凰文様を型押しした文様塼などとともに,仏殿内の荘厳に用いられたのであろう。煉瓦【町田 章】。…

※「塼仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塼仏の関連キーワード宮の前廃寺跡夏見廃寺跡仏教考古学斎尾廃寺跡結城廃寺跡穴太廃寺跡百済寺跡天平彫刻白鳳彫刻半拉城化仏

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塼仏の関連情報