コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協商会議[西アフリカ] きょうしょうかいぎ[にしアフリカ]Conseil de l'Entente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

協商会議[西アフリカ]
きょうしょうかいぎ[にしアフリカ]
Conseil de l'Entente

1959年5月コートジボアール,オートボルタ (現ブルキナファソ) ,ニジェールダオメー (現ベナン) の西アフリカ4ヵ国が創設した一種の地域的経済関税同盟。 66年6月トーゴが加盟し,5ヵ国となった。加盟諸国の経済開発計画を準備し,資金の調達を行い,域内への投資を保証する基金として活用し,加盟国間の貿易,投資を促進することを一般的目的として掲げているが,現実には経済水準の比較的高いコートジボアールへの経済的依存度がかなり高い。最高議決機関である理事会は年2回の定例会議を開催し,議長は加盟国元首が1年の任期で交代する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

協商会議[西アフリカ]の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android