コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極寿星 なんごく じゅせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南極寿星 なんごく-じゅせい

?-1490 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺の吾宝宗璨(ごほう-そうさん)に師事,その法をつぐ。文明2年常陸(ひたち)(茨城県)で大雄(だいおう)院をひらく。のち最乗寺住持をつとめ,1年後大雄院にもどった。延徳2年7月9日死去。相模出身。俗姓は星。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南極寿星の関連キーワード断江周恩室町時代寿星曹洞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android