コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雄 たいゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雄
たいゆう

秋田県南東部,横手市北西部の旧村域。雄物川中流右岸,横手盆地のほぼ中央に位置する。 1955年田根森村と阿気村が合体して大雄村が発足。同年館合村の一部を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,大森町,十文字町,山内村の7市町村と合体して横手市となった。全域が沖積地にあり,米の単作地帯で,稲作栽培技術は全国有数の高水準。ホップの栽培も行なわれる。西部では燃料用の泥炭を産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雄
たいゆう

秋田県南部、平鹿(ひらか)郡にあった旧村名(大雄村(むら))。現在は横手市の中北部を占める地域。旧大雄村は、1955年(昭和30)田根森と阿気(あげ)の2村が合併して誕生。2005年(平成17)増田、平鹿、雄物川(おものがわ)、大森、十文字(じゅうもんじ)の5町および山内(さんない)村とともに横手市に合併。雄物川右岸の横手盆地に位置し、地域はほとんどが耕地で、稲作中心の農業からホップ、葉タバコ、ミツバ、ニンニクの栽培が行われる。高津野(たかづの)地区では工業団地が造成され企業誘致がなされた。県内有数の豪雪地帯で積雪量2メートルに達する。[宮崎禮次郎]
『『大雄村史』(2001・大雄村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大雄の言及

【マハービーラ】より

…生没年は前599‐前527年,前598‐前526年の伝統説と,前549‐前477年,前539‐前467年,前444‐前372年の近代の学者の諸説がある。マハービーラは〈偉大な英雄〉の意味の尊称で,漢訳仏典では〈大雄〉と呼ばれる。本名はバルダマーナVardhamāna(〈栄える者〉の意)。…

※「大雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大雄の関連キーワード宮城県本吉郡南三陸町志津川田尻畑宮崎県東臼杵郡美郷町西郷区田代宮城県亘理郡亘理町泉ケ入長崎県長崎市鍛冶屋町長崎県諫早市富川町長崎県長崎市寺町雄物川[町]双峰寺大雄殿笠木 良明土田 万助平鹿[町]澄一道亮大初継覚古剣智訥十文字町笠木良明亀岡勝知南普陀寺玉仲宗琇徳巌養存

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大雄の関連情報