コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雄 たいゆう

2件 の用語解説(大雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雄
たいゆう

秋田県南東部,横手市北西部の旧村域。雄物川中流右岸,横手盆地のほぼ中央に位置する。 1955年田根森村と阿気村が合体して大雄村が発足。同年館合村の一部を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,大森町,十文字町,山内村の7市町村と合体して横手市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雄
たいゆう

秋田県南部、平鹿(ひらか)郡にあった旧村名(大雄村(むら))。現在は横手市の中北部を占める地域。旧大雄村は、1955年(昭和30)田根森と阿気(あげ)の2村が合併して誕生。2005年(平成17)増田、平鹿、雄物川(おものがわ)、大森、十文字(じゅうもんじ)の5町および山内(さんない)村とともに横手市に合併。雄物川右岸の横手盆地に位置し、地域はほとんどが耕地で、稲作中心の農業からホップ、葉タバコ、ミツバ、ニンニクの栽培が行われる。高津野(たかづの)地区では工業団地が造成され企業誘致がなされた。県内有数の豪雪地帯で積雪量2メートルに達する。[宮崎禮次郎]
『『大雄村史』(2001・大雄村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大雄の言及

【マハービーラ】より

…生没年は前599‐前527年,前598‐前526年の伝統説と,前549‐前477年,前539‐前467年,前444‐前372年の近代の学者の諸説がある。マハービーラは〈偉大な英雄〉の意味の尊称で,漢訳仏典では〈大雄〉と呼ばれる。本名はバルダマーナVardhamāna(〈栄える者〉の意)。…

※「大雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大雄の関連キーワード秋田県横手市雄物川町薄井秋田県横手市雄物川町大沢秋田県横手市雄物川町柏木秋田県横手市雄物川町常野秋田県横手市雄物川町東里秋田県横手市雄物川町道地秋田県横手市雄物川町南形秋田県横手市雄物川町西野秋田県横手市雄物川町沼館秋田県横手市雄物川町深井

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大雄の関連情報