コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南洋神社 なんようじんじゃ

1件 の用語解説(南洋神社の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんようじんじゃ【南洋神社】

ミクロネシアのパラオ諸島コロール島に日本が建てた神社。1919年,ベルサイユ条約によって,旧ドイツ領の南洋群島は日本の委任統治領となった。ミクロネシア住民はキリスト教の影響下にあったので,当初日本政府は国際連盟への配慮から日本化を強行しなかったが,33年に国際連盟を脱退すると,日本色の強化が始まり,南洋群島の総鎮守としての神社の創建が計画された。40年11月1日,南洋庁があったコロール島のアルミズの丘に,天照大神を祭神とする官幣大社南洋神社の社殿が完成し,鎮座式が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南洋神社の関連キーワードアウストロネシア語族インドネシア語派カロリン諸島パラオ諸島ミクロネシアミクロネシア人パラオコロールトライネシアグアムミクロネシアアイランドフェア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone