コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南淵弘貞 みなぶちの ひろさだ

3件 の用語解説(南淵弘貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南淵弘貞 みなぶちの-ひろさだ

777-833 平安時代前期の公卿(くぎょう),漢詩人。
宝亀(ほうき)8年生まれ。坂田奈弖麻呂(なてまろ)の長男。弘仁(こうにん)14年(823)弟の永河(ながかわ)とともに南淵朝臣の氏姓をあたえられた。文章生(もんじょうしょう)の出身で,天長2年参議となり,宮内卿,刑部卿を歴任。従三位。「経国集」「令義解(りょうのぎげ)」の撰(せん)にくわわった。天長10年9月19日死去。57歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南淵弘貞

没年:天長10.9.19(833.11.4)
生年:宝亀7(776)
平安前期の公卿,学者。大和守坂田奈弖麻呂と槻本老の娘の長男。才能を認められ若くして文章生となり,淳和天皇の東宮時代の学士,宮内卿,刑部卿などを歴任,天長8(831)年従三位。この間『経国集』の編纂に加わり,自身の詩も採られている。『令義解』の選者のひとり。もとの氏姓は息長真人といい,一時期母方の槻本公を称したあと父方の坂田となり,弘仁14(823)年12月弟の永河と共に改姓が許された。『文徳実録』には「父の先志」を陳べて賜ったとあり,改姓は宿願であった。息長氏は近江国坂田郡(滋賀県)に本拠を置く地方豪族で,奈弖麻呂が平城京に出仕するにおよび改姓を願ったものであろう。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなぶちのひろさだ【南淵弘貞】

777‐833(宝亀8‐天長10)
平安初期の官人で法家。もと坂田朝臣弘貞。父槻本公奈弖麻呂は803年(延暦22)坂田宿禰,813年(弘仁4)坂田朝臣と賜姓された。弘貞は816年従五位下となり,823年南淵朝臣の姓を賜る。825年(天長2)参議となり,831年従三位に昇った。833年《令義解》撰定に加わり,殿上で新撰令釈疑義起請を校読する。同年9月,参議刑部卿従三位で没した。《経国集》に詩を残している。【佐藤 信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南淵弘貞の関連キーワード半井広明藤原葛野麻呂大和物語地下の公卿石上家成佐伯浄麻呂多治比今麻呂藤原園人南淵永河巨勢奈氐麻呂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone