コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天長 テンチョウ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんちょう【天長】

和歌山の日本酒。酒名は、老子の「天長地久(は長く地は久し)」から命名。大吟醸酒純米吟醸酒本醸造酒などがある。平成4、5年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は紀の川伏流水蔵元の「天長島村酒造」は明治18年(1885)創業。所在地は和歌山市本町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんちょう【天長】

天の永久であること。

てんちょう【天長】

年号(824.1.5~834.1.3)。弘仁の後、承和の前。淳和じゆんな・仁明にんみよう天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんちょう【天長】

日本の元号(年号)。平安時代の824年から834年まで、淳和(じゅんな)天皇、仁明(にんみょう)天皇の代の元号。前元号は弘仁(こうにん)。次元号は承和(じょうわ)。824年(弘仁15)1月5日改元。淳和天皇の即位にともない行われた(代始改元)。淳和は即位後、先帝で兄の嵯峨(さが)天皇の皇子、正良(まさら)親王(後の仁明天皇)を皇太子とする。仁明天皇は833年(天長10)、淳和の譲位を受け即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の天長の言及

【天長節】より

…天皇誕生日の旧称。天長の語は《老子》の〈天は長く地は久し〉に由来し,すでに中国の皇帝もその誕辰の日を天長節と称していたが,日本では,775年(宝亀6)9月光仁天皇が,10月13日の誕辰の日を天長節と称し,その日百官に酺宴(ほえん)を賜い,天下諸寺の僧尼に経を読み仏道を行い,国家安泰,聖寿万歳の祈禱を行わしめ,あわせて殺生を禁断させると勅し,ついで同年10月13日初めて天長節が祝われたのが起源である。その4年後にも天長節を祝った記事が正史にあるが,以後永くすたれ,1868年(明治1)9月22日明治天皇の誕辰を天長節と称して復活した。…

※「天長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android