コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南清 みなみ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南清 みなみ-きよし

1856-1904 明治時代の鉄道技術者。
安政3年5月1日生まれ。イギリスに留学後,明治16年工部省にはいり,線路測量・工事監督にあたる。23年辞職し山陽鉄道技師長,阪鶴鉄道社長などをつとめ,のち村上享一とともに大阪に鉄道工務所をひらいて全国の鉄道工事にしたがった。明治37年1月18日死去。49歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南清の関連キーワードレーザレーダ追突警報装置玉利 親賢高木 利太小林多喜二武富 邦鼎夕張(市)伊集院 俊拓殖大学明治時代都市農業南清水町高松誓荒尾精

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南清の関連情報