コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南漢宸 なんかんしん

2件 の用語解説(南漢宸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南漢宸【なんかんしん】

中国の政治家,経済官僚。山西省の人。北伐前は馮玉祥(ふうぎょくしょう)の下で活動。西安事件後,楊虎城(ようこじょう)の秘書長となり,1940年延安に入る。以後,財政・経済面に活躍し,1948年華北銀行総裁,1952年中国国際貿易促進委員会主席として来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南漢宸
なんかんしん / ナンハンチェン
(1895―1967)

中国の政治家。山西(さんせい)省洪洞城県生まれ。山西大学卒業。1926年北伐の前後馮玉祥(ふうぎょくしょう)軍に参加。1936年西安(せいあん)事変当時、楊虎城(ようこじょう)の秘書長。1940年延安(えんあん)で中国共産党に入党。党統一戦線工作副部長。1949年新中国の成立時に中国人民銀行本店頭取。1952年国際貿易促進委員会主席。1962年日中貿易議定書調印式に参加。1964年(昭和39)経済代表および原水禁代表として二度来日。「文化大革命」期の1967年劉少奇(りゅうしょうき)派とされ自殺。[高市恵之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南漢宸の関連キーワード華国鋒山西省司馬光宋子文太行山脈狄仁傑傅作義楊国忠太原孔祥熙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone