南部球吾(読み)なんぶ きゅうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部球吾 なんぶ-きゅうご

1855-1928 明治-大正時代の鉱山技術者。
安政2年9月5日生まれ。明治8年文部省の第1回アメリカ留学生となりコロンビア大で鉱山学をまなぶ。帰国後,三菱会社に入社,高島炭坑坑長や本社鉱業部長兼炭坑部長をつとめ三菱炭鉱の基礎をつくった。昭和3年11月4日死去。74歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。東京開成学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android