コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南鐐 ナンリョウ

デジタル大辞泉の解説

なん‐りょう〔‐レウ〕【南×鐐】

美しい銀。精錬した上質の銀。
江戸時代、二朱銀異称長方形の銀貨幣で、1両の8分の1。南鐐銀。南挺(なんてい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんりょう【南鐐】

上質の銀。精錬された美しい銀。南挺なんてい。 「 -を以て作りたる金の菊形/義経記 6
二朱銀の通称。表面に「以南鐐八片換小判一両」と刻まれていた。南挺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南鐐の言及

【銀】より

…金が中世末まで日本の重要な輸出物であったのに対し,銀の産出は乏しく中国より輸入された。平安末以後,記録に南挺,南鐐などとみえるのは,輸入の中国銀で1個50両(1875g)ほどの銀錠が普通であった。16世紀中ごろから急に金銀山が開発され,とくに産銀の増加が著しくなった。…

【南鐐二朱銀】より

…同年11月安永と改元)9月に発行の明和二朱銀と,1824年(文政7)2月発行の文政二朱銀とを総称していう。〈南鐐〉は良質の銀を意味しており,江戸時代の南鐐銀貨には上記の2種類のほか文政南鐐一朱銀(1829発行)がある。江戸時代の主要な銀貨は秤量貨幣で,定位貨幣の金貨とは異なるが,南鐐二朱銀は定位貨幣で二朱銀の表面に〈以南鐐八片換小判一両〉と明示され,二朱銀8枚が1両に相当した。…

※「南鐐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南鐐の関連キーワード銀座(銀貨鋳造所)南挺・南廷・南庭大黒常是(初代)江戸時代(年表)寸南破良意明和五匁銀南鐐二朱銀田沼時代石谷清昌大黒常是文政金銀打ち出で安永南鐐川井久敬江戸時代一分銀義経記一朱銀建水竜蔵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android