コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二朱銀 にしゅぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二朱銀
にしゅぎん

江戸時代の銀貨幣の一つ。初鋳は安永1 (1772) 年で,以後文政7 (1824) 年,安政6 (59) 年に鋳造。従来の銀貨秤量貨幣であるのに対し,表記貨幣 (金貨の二朱と同価値) であるのが特徴。安永二朱銀は,最初の表記銀貨として品位もすぐれ,97.81%,文政二朱銀も 97.96%と,いずれも上銀を使い,南鐐 (なんりょう) 二朱銀と呼ばれた。南鐐は美しい銀の意。いずれも8枚で金1両に通用させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にしゅぎん【二朱銀】

江戸時代の貨幣の一。二朱に相当する長方形の銀貨。一両の八分の一。安永・文政の南鐐なんりよう二朱銀および安政二朱銀がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二朱銀の関連キーワード江戸時代(年表)南鐐二朱銀明和五匁銀天保金銀安政金銀川井久敬江戸時代文政金銀二朱判一分銀豆板銀一朱銀丁銀南一竜蔵

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android