白銀(読み)ハクギン

デジタル大辞泉の解説

はく‐ぎん【白銀】

銀。しろがね。また、その色。
降り積もった雪をたとえていう語。「白銀の世界」
江戸時代、銀を長径約10センチの平たい長円形につくって紙に包んだもの。多く贈答用にした。通用銀の三分(さんぶ)に相当する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくぎん【白銀】

銀。しろがね。
しろがね色。比喩的に「雪」の意でも用いる。
江戸時代、白紙に包んで贈答用に用いた楕円形の銀貨。通用銀の三分にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐ぎん【白銀】

〘名〙
① ぎん。しろがね。また、その色。
菅家文草(900頃)四・感白菊花、奉呈尚書平右丞「不花来一二年、霜風計出白銀銭」 〔書経疏‐禹貢〕
② 江戸時代に、銀を直径約一〇センチメートルの平たい楕円形に作って白紙に包んだもの。通用銀の三分に相当し、主に贈答などに用いた。
※半七捕物帳(1923)〈岡本綺堂〉朝顔屋敷「成績優等のものに対しては、身分に応じて反物や白銀(ハクギン)の賞与が出た」
③ 降り積もった雪を①にたとえていう語。

びゃく‐ごん【白銀】

〘名〙 (「ごん」は「銀」の呉音) しろがね。銀。はくぎん。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)七「若干の千万の蓮華ありて、閻浮檀金をくきとし、白銀(ヒャクコン)(〈注〉シロカネ)を葉とし、〈略〉甄叔迦宝(けんしくかほう)をもて、その台とせり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白銀の関連情報