コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白銀 ハクギン

デジタル大辞泉の解説

はく‐ぎん【白銀】

銀。しろがね。また、その色。
降り積もった雪をたとえていう語。「白銀の世界」
江戸時代長径約10センチの平たい長円形につくって紙に包んだもの。多く贈答用にした。通用銀の三分(さんぶ)に相当する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しろがね【白銀】

長野の日本酒蔵元は「松山酒造場」。現在は廃業。蔵は飯山市大字飯山にあった。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

白銀

ポピー製紙が販売するちり紙の商品名。古紙を使用。ソフトタイプ、700枚入り。

白銀

山口県防府市に本店を置く、白銀本舗杉本利兵衛本店が製造・販売するかまぼこ。元外務大臣の松岡洋右による命名。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はくぎん【白銀】

銀。しろがね。
しろがね色。比喩的に「雪」の意でも用いる。
江戸時代、白紙に包んで贈答用に用いた楕円形の銀貨。通用銀の三分にあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白銀の関連キーワード白銀市川環状線・新井田工区山形県尾花沢市銀山新畑アーノルド ファンクリンゼイ デービス鹿児島県姶良市脇元ラチヤシタエキアイビー化粧品ウェレイウスギンガイザー山口県防府市白銀ころばし花吐き乙女ゆきおんな熊谷源兵衛トルストイ山下 清三シュプール大牟田市甲田行喜ラスター

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白銀の関連情報