コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白銀 ハクギン

6件 の用語解説(白銀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐ぎん【白銀】

銀。しろがね。また、その色。
降り積もった雪をたとえていう語。「白銀の世界」
江戸時代、銀を長径約10センチの平たい長円形につくって紙に包んだもの。多く贈答用にした。通用銀の三分(さんぶ)に相当する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しろがね【白銀】

長野の日本酒。蔵元は「松山酒造場」。現在は廃業。蔵は飯山市大字飯山にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

白銀

ポピー製紙が販売するちり紙の商品名。古紙を使用。ソフトタイプ、700枚入り。

白銀

山口県防府市に本店を置く、白銀本舗杉本利兵衛本店が製造・販売するかまぼこ。元外務大臣松岡洋右による命名。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくぎん【白銀】

銀。しろがね。
しろがね色。比喩的に「雪」の意でも用いる。
江戸時代、白紙に包んで贈答用に用いた楕円形の銀貨。通用銀の三分にあたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白銀の関連キーワード自然淘汰七宝ワンカベリカ銙帯吟・銀三貨プロフィット21銀アテネのメダル数銀皮作り/銀皮造り

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白銀の関連情報