南風 洋子(読み)ミナカゼ ヨウコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

南風 洋子
ミナカゼ ヨウコ


職業
女優

本名
若杉 洋子

生年月日
昭和5年 1月22日

出生地
兵庫県 神戸市

学歴
第一神戸高女〔昭和22年〕卒

経歴
父の仕事の関係で旧満州に行き、敗戦を迎える。昭和21年復員。24年宝塚歌劇団に入団し、男役で有馬稲子と組み「ブロードウェイ」「巴里の騎士」などの舞台に立った。28年退団。新東宝で五所平之助監督「鶏はふたたび鳴く」などに出演した後、34年劇団民芸に入り「運命」で舞台女優として再出発。その後、「オットーと呼ばれる日本人」「にんじん」「炎の人」「この子たちの夏―一九四五・ヒロシマ・ナガサキ」「奇蹟の人」「二人の長い影」などに出演し、劇団の中心女優として活躍した。自らの戦争体験をもとにした朗読劇や講演活動にも力を入れた。平成19年山田太一原作の「林の中のナポリ」に主演したのが最後の舞台となった。

受賞
紀伊国屋演劇賞(第20回)〔昭和60年〕「噂の二人」,菊田一夫演劇賞(第21回)〔平成8年〕「新版香華」,ゴールデングローリー賞〔平成11年〕

没年月日
平成19年 8月19日 (2007年)

家族
夫=若杉 光夫(演出家・映画監督),長女=若杉 民(女優)

伝記
愛・夢ばなし―私の出会った素敵な人たち 佐々木 愛 編著(発行元 教育史料出版会 ’01発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android