コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単一症候性下痢 たんいつしょうこうせいげりMonosymptomatic Diarrhea

家庭医学館の解説

たんいつしょうこうせいげり【単一症候性下痢 Monosymptomatic Diarrhea】

[どんな病気か]
 機嫌もよく、食欲もあり、体重も順調に増加している乳児が水分の多い軟便(なんべん)を出し続けることがあります。このように全身状態が良好であり、下痢が唯一の症状であるものが単一症候性下痢です。
 母乳で育てられている乳児は、1日に数回軟便を出すことがあります。乳児によっては、ミルクを飲む刺激によっておこる腸の動き(蠕動(ぜんどう))が過度に活発になり(亢進(こうしん))、授乳ごとに排便がみられることもありますが、これらは病気として考える必要はありません。
[治療]
 ほとんどの場合、特別な治療をしなくとも自然に治ってしまいます。しかし、発熱、嘔吐(おうと)、食欲低下、体重減少をともなったり、便に粘液(ねんえき)や血液が混じる場合は急性胃腸炎消化不良症などである可能性があります。すぐに受診しましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android