単一症候性下痢(読み)たんいつしょうこうせいげり(英語表記)Monosymptomatic Diarrhea

家庭医学館「単一症候性下痢」の解説

たんいつしょうこうせいげり【単一症候性下痢 Monosymptomatic Diarrhea】

[どんな病気か]
 機嫌もよく、食欲もあり、体重も順調に増加している乳児が水分の多い軟便(なんべん)を出し続けることがあります。このように全身状態が良好であり、下痢が唯一の症状であるものが単一症候性下痢です。
 母乳で育てられている乳児は、1日に数回軟便を出すことがあります。乳児によっては、ミルクを飲む刺激によっておこる腸の動き(蠕動(ぜんどう))が過度に活発になり(亢進(こうしん))、授乳ごとに排便がみられることもありますが、これらは病気として考える必要はありません。
[治療]
 ほとんどの場合、特別な治療をしなくとも自然に治ってしまいます。しかし、発熱嘔吐(おうと)、食欲低下、体重減少をともなったり、便に粘液(ねんえき)や血液が混じる場合は急性胃腸炎、消化不良症などである可能性があります。すぐに受診しましょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android