コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単于都護府 ゼンウトゴフ

デジタル大辞泉の解説

ぜんう‐とごふ【×于都護府】

中国代、内蒙古の突厥(とっけつ)などの諸部族を統治するために置かれた機関。650年設置。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんうとごふ【単于都護府】

中国、唐代の六都護府の一。650年、内モンゴルの突厥とつけつなどの諸部族を統轄するために設置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単于都護府
ぜんうとごふ

都護府」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単于都護府
ぜんうとごふ

中国、唐代の六都護府の一つ。トルコの一部族薛延陀(せつえんだ)が滅んだとき(646)、唐は、外モンゴルの鉄勒(てつろく)諸部族には六都督(ととく)府、七刺史(しし)州を置き、オルドスの北辺に燕然(えんぜん)都護府を設けてこれをべさせ、内モンゴルの突厥(とっけつ)諸部族には、649年、雲中・定襄(ていじょう)両都督府によってこれを治めさせた。663年、燕然都護府を瀚海(かんかい)都護府と改名して外モンゴルに移し、雲中都護府を内モンゴルのホフホト付近に置き、もっぱら突厥諸部族を管轄させたが、翌年雲中都護府を単于都護府と改称した。679年と680年の二度にわたり、単于都護府支配下の突厥が反乱して唐軍に討たれたが、ついに682年、突厥の骨咄禄(クトルク)(イルテリシュ・ハガン)が独立して単于都護府を攻め、支配下に入れた。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone