コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単年度主義 たんねんどしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単年度主義
たんねんどしゅぎ

会計年度ごとに予算を編成し,当年度の支出 (歳出) は当年度の収入 (歳入) で賄うべきであるとする考え方。本年度の歳出を翌年度の歳入で賄ったり,過去の歳入を本年度の歳出に充てたりすることは,財政の計画性を乱し,歳入歳出均衡の原則からも望ましくないという考え方に立脚するものである。その半面で,すべての支出が単年度で完結する形になるため,予算の円滑な執行の妨げになるとの指摘もあり,支出の継続性・額の大きさに従って,次年度繰り越しなど若干の例外が認められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

単年度主義の関連キーワード包括財政調整法後年度負担繰越明許費会計年度公企業財政法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単年度主義の関連情報