コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単文 タンブン

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぶん【単文】

文法で、文の構造上の分類の一。一つの文において、主語・述語の関係が1回だけで成り立っているもの。「鳥が鳴く」「犬が速く走る」などの類。→複文重文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんぶん【単文】

構成上からみた文の種類の一。主語・述語の関係が一回だけで成り立っているもの。「日がのぼる」「学生が本を読む」の類。 → 重文複文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の単文の言及

【文】より

…従属節にも種々のものがあり,それぞれその機能等によって名詞節,副詞節,関係節等と呼ばれる。節を含まない文(文全体のことをも節というならば〈ただ一つの節から成る文〉ということになる)を〈単文simple sentence〉といい,等位節を含む文を〈重文compound sentence〉,主節・従属節を含む文を〈複文complex sentence〉ということがある。たとえば〈兄が走る。…

※「単文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単文の関連キーワード客観テスト分・文・聞ロシア語文節変換往来物絵日記

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android