コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純・複合 たんじゅん・ふくごうsimplicity, complexity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単純・複合
たんじゅん・ふくごう
simplicity, complexity

単純とは単一で混りけがなく,存在するうえで最も基礎的な単位となりうるものであり,複合とは単純なものが複数入組んで構成される状態を意味する。たとえばロックは,人間の心に現れたり考えられたりするただ1つの一様等質的な観念を「単純観念」 simple ideaと呼び,複数の単純観念がいろいろな仕方で操作されてできあがるものを「複合観念」 complex ideaと呼ぶ。前者の例として色や延長をあげるとすれば,後者の例としては美や三角形をあげることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android