単電子素子(読み)たんでんしそし(英語表記)single electron device

知恵蔵の解説

単電子素子

量子点(量子ドット)などを使って、電子を1個ずつ制御できるようにした素子。1990年代に研究が盛んになった。電子の群れを電流として扱う従来の技術とは発想が異なる。低温の量子点を、絶縁体を介して電極に近づけると、量子点に閉じ込められた電子による静電エネルギーで、量子点と電極の間のトンネル効果が抑えられる(クーロン閉塞)。このため、電圧などの条件をうまく整えると、電子を1個ずつ出し入れできる。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android