単騎(読み)タンキ

大辞林 第三版の解説

たんき【単騎】

一人だけで馬に乗って行くこと。一騎。
騎馬一騎。
麻雀で、雀頭になる対子トイツを作れば和了する牌の形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐き【単騎】

〘名〙
① ただひとり馬に乗って行くこと。また、その人。ただひとりの乗馬兵士。一。隻騎。
※文徳実録‐仁寿二年(852)二月壬戌「古来長吏、皆懐恐怖敢入其部、高房単騎入部追捕其類
② マージャンで、上がりに必要な二枚ぞろいができれば上がりになる形で、手元にある一個の牌と同じ牌を待つこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単騎の関連情報