雀頭(読み)じゃくとう

精選版 日本国語大辞典「雀頭」の解説

じゃく‐とう【雀頭】

① 香の一種。雀(じゃくとうこう)
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦残菊〈大江匡房〉「雀頭経雨応箔、麝剤任風不嚢」
② 巻の一種。の太く短いもの。椎実筆(しいのみふで)雀頭筆(じゃくとうひつ)。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

ジャン‐トー【雀頭】

〘名〙 (中国語から) マージャンで、上がりに必要な同一牌二枚がそろったもの。あたま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雀頭」の解説

ジャントウ【雀頭】

《〈中国語〉》マージャンで、上がりに必要な同一牌2個の組み合わせのこと。あたま。→面子3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android