卯の日の神事(読み)うのひのしんじ

精選版 日本国語大辞典の解説

う【卯】 の 日(ひ)の神事(しんじ)

の日に行なわれる神事。特に大阪の住吉神社で五月(明治以前は四月)初の卯の日に行なわれる祭が有名。神馬、神輿の行列に、木綿(ゆう)を付けたウツギの小枝を頭にさした神官が従い、堺市の遊郭から選ばれた女性が稚児と共に卯の葉を玉串として奉った。卯の葉の神事。卯の葉の祭。卯の日の祭。うまつり。〔摂津名所図会(1796‐98)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android