コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印紙条例 インシジョウレイ

デジタル大辞泉の解説

いんし‐じょうれい〔‐デウレイ〕【印紙条例】

1765年、北アメリカの英国植民地で発行される証書・認可証・新聞などに、本国と同様に印紙をはることを定めた英国の法令。植民地住民の強い反対にあい、翌年廃止。反英運動のきっかけとなり、アメリカ独立運動を高揚させる結果を招いた。印紙法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんしじょうれい【印紙条例】

1765年、イギリス議会がアメリカ一三植民地に対し、証書・新聞・広告などの印刷物に印紙税を課すことを定めた条例。植民地側は自治権侵害として強硬に反対、翌年その撤廃に成功。この事件はアメリカ独立革命の重要な契機となった。印紙法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

印紙条例の関連キーワードアメリカ独立革命イギリス議会印紙税法印紙税契機条例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android