印記(読み)いんき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 印。印章。
※氏子改仮規則‐明治三年(1870)六月「所用の印記は当人常用の実印を用ひ」 〔宋史‐輿服志・六・印〕
② (━する) 印を押すこと。また、押された印のしるし。
※徴古印要(1782)七「宋元明の諸名家、書画に載する印記見当しだい心を留て可見」
③ (━する) 覚えしるすこと。深く印象づけること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「其心に深く印記すること、世間鏤版の書の及ぶべきに非ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android