危機神学(読み)ききしんがく

精選版 日本国語大辞典の解説

きき‐しんがく【危機神学】

〘名〙 (Theologie der Krisis の訳語) 第一次世界大戦後、スイスの神学者カール=バルトおよびその一派によって始められたキリスト教神学。近代以降の人間中心主義的、進歩主義的文明に奉仕するキリスト教を否定し、神の絶対的超越性の回復を主張する。両大戦の時代のペシミズムを反映し、第二次世界大戦後のヨーロッパの精神界に大きな影響を及ぼした。弁証法神学ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の危機神学の言及

【弁証法神学】より

…第1次世界大戦後,従来の自由主義神学を批判してスイス,ドイツに興った神学運動。〈危機神学Theologie der Krisis〉とも呼ばれる。この運動の中心人物であったK.バルトは,ブルムハルト父子の影響をうけたクッターH.Kutter(1863‐1931)とラガーツL.Ragaz(1868‐1945)とともに宗教社会主義運動に加わっていたが,《ローマ人への手紙》(第2版,1922)においてキルケゴールのいう〈神と人間との絶対の質的差異〉をモットーとし,ドストエフスキーやニーチェからも時代の本質的な危機を学んで,19世紀の文化的キリスト教を激しく非難し,キリスト教の終末論的本質と教会の罪とを明らかにした。…

※「危機神学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android