即世(読み)ソクセイ

大辞林 第三版の解説

そくせい【即世】

( 名 ) スル
人の死ぬこと。逝世。 「其業も全からずして-せり/蘭学事始」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そく‐せい【即世】

〘名〙 (「即」は終わる意) 人が死ぬこと。
※本朝文粋(1060頃)一二・為僧正覚度答大宋国奉先寺和尚牒〈大江匡衡〉「未報陳。溘以即世矣」
※蘭東事始(1815)下「其余、翻訳の内旨も奉じたりしが、其業も全からずして、即世せり」 〔春秋左伝‐成公一三年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android