コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


そく

仏教用語。2つのものが融合して離れないこと。相即ともいう。次の3種がある。 (1) 2つの別の物が相合して離れないこと,(2) 表面上は別の物に見えても裏面は同一物ということ,(3) ある物がそのまま他の物であるということ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そく【即】

[名]仏語。二つのものが互いに表裏の関係にあって分離できない状態。
[副]ただちに。すなわち。「言われたら実行する」
[接]前者と後者とが同じであることを表す語。とりもなおさず。すなわち。「学者教養人とは言えない」

そく【即】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソク(呉) [訓]つく すなわち
そのものにぴったりくっつく。つく。「即位即物的相即不即不離
すなわち。とりもなおさず。「色即是空
ただちに。すぐさま。その場で。「即応即興即決即座即死即時即日即席即売一触即発
[名のり]あつ・ただ・ちかし・ひと・みつ・より

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そく【即】

( 名 )
現象的には対立している二つの事物が、実は同一であること。 「煩悩ぼんのう-菩提」 「生死しようじ-涅槃ねはん
天台宗で、真理認識の六つの段階のこと。
( 接続 )
前に挙げたこととあとに挙げることが同じであることを示す。とりもなおさず。つまり。すなわち。 「反対者-過激分子ではない」
( 副 )
間をおかないですぐ続くさま。ただちに。 「連絡あり次第-行動せよ」
( 接頭 )
俗に、名詞に付いて、即座に何かを行うことや、何かが起こることを表す。 「 -買い」 「 -アポ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

即の関連キーワードノイエ・ザハリヒカイトノイエザッハリヒカイトインスタントコーヒーノイエザハリヒカイト即物型キャラクター即自且つ対自付かず離れずザッハリッヒ如一(2)即身成仏義即心是仏狩野令信狩野探玄即身菩提錦織弘景一門普門一手透き即心即仏七難即滅一切皆空

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即の関連情報