(読み)そく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


そく

仏教用語。2つのものが融合して離れないこと。相即ともいう。次の3種がある。 (1) 2つの別の物が相合して離れないこと,(2) 表面上は別の物に見えても裏面は同一物ということ,(3) ある物がそのまま他の物であるということ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そく【即】

[名]仏語。二つのものが互いに表裏の関係にあって分離できない状態。
[副]ただちに。すなわち。「言われたら実行する」
[接]前者と後者とが同じであることを表す語。とりもなおさず。すなわち。「学者教養人とは言えない」

そく【即】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソク(呉) [訓]つく すなわち
そのものにぴったりくっつく。つく。「即位即物的相即不即不離
すなわち。とりもなおさず。「色即是空
ただちに。すぐさま。その場で。「即応即興即決即座即死即時即日即席即売一触即発
[名のり]あつ・ただ・ちかし・ひと・みつ・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そく【即】

( 名 )
現象的には対立している二つの事物が、実は同一であること。 「煩悩ぼんのう-菩提」 「生死しようじ-涅槃ねはん
天台宗で、真理認識の六つの段階のこと。
( 接続 )
前に挙げたこととあとに挙げることが同じであることを示す。とりもなおさず。つまり。すなわち。 「反対者-過激分子ではない」
( 副 )
間をおかないですぐ続くさま。ただちに。 「連絡あり次第-行動せよ」
( 接頭 )
俗に、名詞に付いて、即座に何かを行うことや、何かが起こることを表す。 「 -買い」 「 -アポ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即の関連情報