厄祟り(読み)ヤクダタリ

デジタル大辞泉の解説

やく‐だたり【厄×祟り】

厄年に、災厄にたたられること。
「こな様も二十五歳の厄の年、わしも十九の厄年とて、思ひ合うたる―」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android