コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原価主義評価 げんかしゅぎひょうか

1件 の用語解説(原価主義評価の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原価主義評価
げんかしゅぎひょうか

棚卸資産評価における棚卸資産の取得価額の計算の際の一方式。特に日本の税法で評価の際の基調となっているもの。おもな内容は,(1) 外部から購入した棚卸資産については購入代価のほか,その資産を消費ないし販売するために要した費用を加算した額,(2) 自己が生産した棚卸資産は,適正な原価計算によって算定された正常実際原価にこれらの付随費用を加えた額,(3) (a) 合併または出資により受入れた棚卸資産は,その合併または出資の対価と付随費用の合計額 (ただしその受入価額がそのときの時価をこえるときは時価をもって取得価額とする) ,(b) 交換,受贈,代物弁済などによって受入れた棚卸資産は,それぞれ取得の日の時価 (再調達価額) と付随費用の合計額,という規定を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原価主義評価の関連キーワード在庫棚卸資産後入先出法先入先出法原価法前期損益修正平均法原価基準正味売却価額低価主義

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone