原価主義評価(読み)げんかしゅぎひょうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「原価主義評価」の解説

原価主義評価
げんかしゅぎひょうか

棚卸資産評価における棚卸資産の取得価額の計算の際の一方式。特に日本の税法で評価の際の基調となっているもの。おもな内容は,(1) 外部から購入した棚卸資産については購入代価のほか,その資産を消費ないし販売するために要した費用を加算した額,(2) 自己が生産した棚卸資産は,適正な原価計算によって算定された正常実際原価にこれらの付随費用を加えた額,(3) (a) 合併または出資により受入れた棚卸資産は,その合併または出資の対価と付随費用の合計額 (ただしその受入価額がそのときの時価をこえるときは時価をもって取得価額とする) ,(b) 交換,受贈,代物弁済などによって受入れた棚卸資産は,それぞれ取得の日の時価 (再調達価額) と付随費用の合計額,という規定を含む。いずれも基本的には実際購入原価または実際製造原価によって評価すべきものとしている。 (→原価法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android