コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再調達価額 サイチョウタツカガク

デジタル大辞泉の解説

さいちょうたつ‐かがく〔サイテウタツ‐〕【再調達価額】

保険契約の対象物と同等のものを再築または再取得するために必要な金額。→時価額価額協定保険特約

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

再調達価額

保険の対象と同等の物を新たに建築あるいは購入するために必要な金額のことをさします。この再調達価額から経過年数や使用損耗による減価を差し引いた額が時価(額)です。時価を基準にして保険金を算出する保険が多いですが、一切合財、家財円満(家庭安心総合保険)では再調達価額を基準にして保険金を算出します。

再調達価額

保険契約の対象物(保険の目的)と同等の物を再取得または再購入するために必要な額を指します。損害保険では、時価を基準にして保険金を算出する保険が多いが(時価主義)、再調達価額を基準とする損害てん補方式を採ることによって、より完全な復旧を図ることができます。火災保険価額協定保険新価保険等にこの方式が導入されています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

再調達価額の関連キーワード新築費単価法原価主義評価年次別指数法簡易評価保険契約重複保険

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android