コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口針水 はらぐち しんすい

2件 の用語解説(原口針水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口針水 はらぐち-しんすい

1808-1893 幕末-明治時代の僧。
文化5年8月3日生まれ。浄土真宗。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多万行寺の曇竜にまなび,のち長崎でキリスト教を研究。明治5年大教院の教導職となり,キリスト教を排撃した。24年西本願寺大学林(現竜谷大)総理事務取扱。明治26年6月12日死去。86歳。肥後(熊本県)出身。号は欝潭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原口針水

没年:明治26.6.12(1893)
生年:文化5.8.3(1808.9.22)
幕末・明治前期の浄土真宗の僧。肥後(熊本県)山鹿郡内田村光照寺生まれる。父は密道。筑前(福岡)万行寺の曇竜について真宗学を学んだ。文久2(1862)年,長崎へ赴き宣教師よりキリスト教を学ぶ。明治17(1884)年,西本願寺第22世大谷光瑞の真宗学指南となる。同24年,西本願寺の大学林(竜谷大学)の規則変革に伴い,大学林総理事務取扱に就任する。仏教に限らない幅広い知識をもとに,神道をはじめ仏教諸宗の学者と論争して真宗学の高揚に励んだ。<参考文献>前田慧雲『真宗学苑談叢』,『竜谷大学三百年史』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原口針水の関連キーワード易行院法海良如上人随念真導達如上人宝如上人卜半瑞山月蔵法海浄土真宗明増誘苑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone