コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原因者負担原則 げんいんしゃふたんげんそくpolluter pays principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原因者負担原則
げんいんしゃふたんげんそく
polluter pays principle

PPPの原則ともいう。 1972年に経済開発協力機構 OECDが決議したもので,公害防止費用は公害発生の原因者が負担するという原則。これが現在の公害対策の基本的考えとなっている。公害対策基本法 22条で,国または地方公共団体が実施する公害防止事業について,その費用の全部または一部を発生源者が負担するもの,と定めているのもその一例。また,73年に制定された公害健康被害補償法においても,この考え方が採用され,公害認定病患者の医療費や障害補償は原因者負担となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原因者負担原則の関連キーワードMacPPPPPP(public private partnership)PPP(通信)地球環境問題Open Transport/PPPpppdConfig PPPMultilink PPP汚染者負担原則PPP

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android