コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公害対策基本法 こうがいたいさくきほんほう

6件 の用語解説(公害対策基本法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公害対策基本法
こうがいたいさくきほんほう

昭和 42年法律 132号。公害対策を総合的,統一的に行なうために定めた法律。各企業の事業者や政府,地方公共団体の公害防止についての責務を明らかにすると同時に,公害防止についての施策の基本事項を定めることによって,公害対策の総合的な推進をはかろうというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうがいたいさく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【公害対策基本法】

公害対策の基本となる事項や公害防止に関する責務などを定めた法律。昭和42年(1967)制定。平成5年(1993)環境基本法の施行に伴い廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公害対策基本法【こうがいたいさくきほんほう】

公害防止対策を総合的に推進する法律。1967年8月公布・施行され,1993年11月に環境基本法が公布・施行されるまでの26年間,日本の公害規制法体系の一般法として位置した。
→関連項目緑の国勢調査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいたいさくきほんほう【公害対策基本法】

日本における公害対策に関する最も基本的な法律(1967公布)。日本における公害問題は,1887年ごろからの足尾銅山の鉱毒事件,97年ごろからの別子銅山の煙害事件など,その歴史は日本における資本主義の発達と軌を一にする。すなわち,資本主義国家形成の段階では,公害の規制より工業の発展が重視されていたが,第2次大戦後は事情が変わり,公害が社会問題として重視されはじめた。この結果,まず地方公共団体が公害防止条例の制定に着手し,国も江戸川本州製紙工場の排水問題を契機として水質保全に関する法を制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうがいたいさくきほんほう【公害対策基本法】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公害対策基本法
こうがいたいさくきほんほう

公害対策の基本となる事項を定めるため1967年に制定された法律で、環境基本法が公布、施行された1993年(平成5)11月19日まで施行され、廃止された。昭和42年法律第132号。同法は、国民の健康で文化的な生活を確保するうえにおいて公害の防止がきわめて重要であることにかんがみ、事業者、国および地方公共団体の公害の防止に関する責務を明らかにし、ならびに公害の防止に関する施策の基本となる事項を定めることにより、公害対策の総合的推進を図り、もって国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することを目的とし(1条)、各種の施策を定めている。
 すなわち、まず公害を、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、振動、地盤沈下、および悪臭によって、人の健康または生活環境に係る被害が生じることをいうと定義し(2条)、ついで、環境基準の設定(9条)、国および地方公共団体の施策(10条以下および18条以下)、公害防止計画の策定(19条以下)、公害紛争の処理および被害の救済(21条)、費用負担(22条)などの施策の基本ないし理念を規定し、最後に、公害対策会議および公害対策審議会について定めを置いている(25条以下および27条以下)。これらの施策の多くは、それらを実施するために個別の法律がつくられており、本法を直接の根拠とする施策は、環境基準の設定と公害防止計画の策定の二つである。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公害対策基本法の言及

【公害】より

… 欧米では公害とまったく同じ概念はないが,air pollution(大気汚染),water pollution(水質汚濁)などを総称して,environmental pollution(環境汚染)またはenvironmental disruption(環境破壊)ということばを使っている。 日本の〈公害対策基本法〉では,その第2条において,次のように定義している。〈公害とは事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染,水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含む。…

※「公害対策基本法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公害対策基本法の関連キーワード災害対策基本法防災基本計画に於けるキルビー特許防災業務計画有明海及び八代海の再生に関する基本方針災害救助公害対策日本における公娼廃止に関する件《日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公害対策基本法の関連情報