コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原在照 はら ざいしょう

美術人名辞典の解説

原在照

幕末・明治画家。原派三代。在明の娘婿。字は子写、観瀾・南荊・夕鸞と号する。正六位上・近江介内匠小允に任じられ、安政年間の内裏造営に当たり、宮廷御用絵師として活躍した。明治4年(1871)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原在照 はら-ざいしょう

1813-1872* 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。原在明の娘婿。画法養父にまなび,原派3代をつぐ。安政の内裏造営のとき障壁画をえがいた。明治4年12月21日死去。59歳。字(あざな)は子写。別号に観瀾,夕鸞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原在照の関連キーワード明治時代原在泉幕末

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android