原在照(読み)はら ざいしょう

  • 原在照 はら-ざいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1813-1872* 江戸後期-明治時代の画家。
文化10年生まれ。原在明の娘婿。画法養父にまなび,原派3代をつぐ。安政の内裏造営のとき障壁画をえがいた。明治4年12月21日死去。59歳。字(あざな)は子写。別号に観瀾,夕鸞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android