コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始舞踊 げんしぶようprimitive dance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始舞踊
げんしぶよう
primitive dance

人類の歴史の初期に現れた舞踊をいう。すでに旧石器時代には呪術的な踊りが行われたことが壁画などで確認されている。以来舞踊は宗教,儀式と密接に関連して発達してきた。イニシエーション,病気の治癒,自然界との交感などの一部として演じられることが多い。形態的には,ドイツの民族学者 E.グロッセの分類によれば,焚火を囲んで乱舞するような体操的舞踊と,愛や戦争を模して踊る模擬的舞踊に大別される。そのほか,宗教・儀式的な意味合いが薄れて,あるいは純粋な娯楽として発展した民俗舞踊が広く行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原始舞踊の関連キーワード日本の舞踊バレエ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android