コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力損害賠償法 ゲンシリョクソンガイバイショウホウ

2件 の用語解説(原子力損害賠償法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしりょくそんがいばいしょう‐ほう〔ゲンシリヨクソンガイバイシヤウハフ〕【原子力損害賠償法】

《「原子力損害の賠償に関する法律」の略称》原子力発電所などの原子力施設の運転中に発生した事故によって放射線等による損害を受けた被害者を救済するために損害賠償の基本的制度を定めた法律。昭和36年(1961)制定。巨大な天災地変や社会的動乱に起因する場合を除いて、原子力事業者賠償責任を負うが、賠償額が一定額を超える場合は国が必要な援助を行うとしている。原賠法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力損害賠償法

原発事故が起きた場合の損害賠償制度を定めている。賠償責任は一義的に、当該原発を運営する電力会社が負うとしているが、第3条のただし書きで、事故が「異常に巨大な天災地変または社会的動乱」による場合は、事業者を免責する例外規定が設けられている。第16条では、事業者の支払い能力が不足する場合に、国が支援することを定めている。

(2011-04-28 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力損害賠償法の関連キーワード団地保険遅延賠償無過失責任主義原子力損害賠償責任保険原子力損害賠償紛争解決センター原子力損害賠償紛争審査会運送業者賠償責任保険原発事故の賠償条約福島第一原発をめぐる賠償の仕組み油濁損害賠償保障法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力損害賠償法の関連情報